ウィンバード ホーム > よくあるご質問 > 講習会FAQ

よくあるご質問

講習会FAQ

講習会でよくある質問を掲載しております。

バックナンバー

今回の講習会FAQは、 授業支援 資産管理 についてです。


生徒機にインストールされているソフトウェアのバージョンを確認したいのですが。
資産管理機能を使うと、生徒機のソフトウェア情報を簡単に確認することができます。

1)[ユーティリティ]ボタンをクリックし、[資産管理]ボタンをクリックします。
2)資産管理画面に、生徒機のソフトウェア情報(ソフトウェア名、バージョン、インストール数)が一覧表示されます。
3)ソフトウェア名をダブルクリックするとプログラム詳細画面が表示され、そのソフトウェアがインストールされているコンピュータ名が一覧表示されます。
4)[すべてのコンピュータを表示]チェックボックスをチェックすると、そのソフトウェアがインストールされていないコンピュータ名も表示されます。

各一覧表の情報は、[ファイルに保存]ボタンをクリックすると、CSV形式のファイルとして保存することができます。生徒用パソコンを入れ替えたり、ソフトウェアを更新する時の資料として便利に活用することができます。

<< 資産管理機能は、授業支援 ver.11 からサポートしています。>>
生徒機のソフトウェアをいつインストールしたのか調べることはできませんか。
資産管理機能では、日付をさかのぼって、指定した日付時点でのソフトウェア情報を確認することができます。

1)[ユーティリティ]ボタンをクリックし、[資産管理]ボタンをクリックします。
2)資産管理画面が表示されます。この時、ウィンドウタイトルには(最新)と表記されています。
3)[日付変更]メニューをクリックします。
4)[日付変更]ダイアログでドロップダウンリストの▽部分をクリックするとカレンダーが表示されるので、確認したい日付を指定して、[OK]ボタンをクリックします。
5)資産管理画面の一覧表示が、指定日付時点の内容に切り替わります。ウィンドウタイトルにも指定日付が表示されます。

今月のコラム

~ソフトバンク、空飛ぶ基地局グーグル関連会社と提携~


ソフトバンクが米IT大手グーグルの親会社アルファベットと組み、飛行機に携帯電話の基地局を載せて成層圏を飛ばす事業に乗り出すことが24日、分かった。本格導入を控える第5世代(5G)移動通信システムでの活用を見込む。投資額を抑えながら広大な通信エリアを実現する狙い。25日にソフトバンクの幹部らが記者会見し、詳細な事業計画を発表する。5Gの電波は直進性が強く、ビルなど障害物に弱い。このため膨大な数の基地局を設置する必要があり、莫大な投資コストがかかるとされる。ソフトバンクとアルファベットは打開策として、成層圏から電波を飛ばす方式が投資効率上優位と判断した。(Yahoo!ニュースより)


無人航空機をアフリカや南米、東南アジアなどの上空に飛ばし、電波を広く供給することで、誰でもネットを利用できる環境を整備。メリットととしては、地上基地局の設置が困難なへき地などを含め、幅広い地域に電波を飛ばせる点だと思います。通信衛星と比べても、通信の遅延が少ないく、通信ネットワークが整っていない発展途上国の支援が出来ることになります。情報収集や教育でのネット利用を容易にし、世界中の情報格差の解消を図っていけることでしょう。日本のような電波の人口カバー率が極めて高い先進国でも、海上や山岳部など、人が立ち入らないエリアに通信網を構築する予定だそうです。漁業、農業、林業などの従事者が作業中にネットを利用できるようにし、一次産業も支援できますね。上空の通信環境を強化し、ドローンを使った輸送の精度を高めることも視野に入れているそうです。成功すれば世界のあらゆる場所でネットが利用可能になり、エリアごとの知識や教育水準の差も小さくなる、、、という夢のようなビジネスですが、両社はどのような形で協業していくのでしょうか。


サポート 山下莉果

                             

ページの先頭へ戻る