ウィンバード ホーム > 活用事例 > 保護・セキュリティ

活用事例

保護・セキュリティ


学年ごとのセキュリティ

図鑑や辞書といった教材は各学年ごとに違いますが、すべてのアイコンをデスクトップに表示させたところ、紛らわしくて戸惑う生徒も出てしまいました。

セキュリティ機能を使い、各学年ごとにセキュリティをかけ、その都度使用するアイコンだけをデスクトップ上に表示させるようにしました。


アイコンやマイコンピュータの勉強に

Cドライブやマイネットワークといった概念を教える授業では、それぞれを表示させる必要がありますが、間違って中のファイルを削除したりしてしまわないか不安でした。

セキュリティ機能の中に「監視」という機能があります。大切なファイルの入っているドライブやフォルダを表示させるが、開こうとした瞬間に閉じるという機能です。
この機能のおかげで、安心して生徒に大切なドライブやフォルダを見せながら指導することができます。


クラブ活動に

サーバーにパソコンクラブ専用のフォルダを作り、生徒が撮ったデジカメの写真データなどを保存して、クラブの生徒全員が素材として使えるようにしました。

授業中にはクラブのフォルダを表示させたくないので、授業用のセキュリティ設定では非表示に、クラブ用のセキュリティ設定では表示するようにしてセキュリティを書き換えて使用しています。

セキュリティの書き換えは、ログオフや再起動の必要もなく瞬時に書き換えられるので大変便利です。


地域のIT講習会の会場に

IT講習会として、学校のパソコン教室を開放する時には、生徒のデータや学校にかかわるものは非表示にして運用しています。

マイネットワークの非表示でサーバーへのアクセスを制御、毎起動時の履歴削除によって生徒の使っていたファイル・インターネット履歴を削除など、生徒データの漏洩を防いでいます。

ページの先頭へ戻る